日本の食

夏バテ対策に効果的の甘酒簡単アレンジレシピ

甘酒の健康効果は飲む点滴などの呼び名もあるほど。その甘酒の歴史は古く、江戸時代も夏に飲まれていたことはご存知ですか?それはその当時から夏バテに効くと知られていたから。毎年猛暑があたり前の日本の夏。今年は甘酒で早めの対策を。
伝統芸能

東京の寄席に行こう 初めての方も安心の寄席の楽しみ方

思い立つと寄席に足を運びます。 東京に住んでいるので、寄席は身近であり、本当に気軽に楽しめる娯楽のひとつです。 次の連休、1日空いてるな、と思ったら寄席のスケジュールをチェックします。 寄席の歴史は古く、2019年のNHK大河ドラマでも当時の寄席の風景が描かれていますよね。 現代だからこそ、こんな娯楽の場を楽しみたい。 寄席に行…
暮らしの器

夏こそ使いたい錫の器の魅力とその特徴

錫ってなんか日常に馴染みない金属と思っていました。 何年か前のテーブルウエアフェスティバルという器のイベントで出会った錫のタンブラー。 「ちょっと高いな」と思いながらその風合いに惹かれ、つい買ってしまったのが始まり。 いつ使う?と考えながら一度使ったらやめられなくなりました。 本当に錫ってスゴいんですよ!
イッピン日用品

青森ヒバのまな板使ったらやめられない理由

料理下手ながら愛してやまないキッチン用品がヒバのまな板。 青森ヒバはその香りと木の特性から様々な生活用品が作られています。 私自身、防虫剤・消臭剤としてヒバのチップや、すのこなど使っています。 中でも人にも自信をもっておススメできるのがまな板。 その理由は何と言っても抗菌効果。 ヒバまな板の魅力が少しでも伝わればうれしいです…
イッピン日用品

安心の天然防虫・防カビ・消臭剤 青森ヒバ

木曽のひのき、秋田の杉に並ぶ「日本三大美林」のひとつ、青森の「ヒバ」。 香木として香りが強く、この香りが防虫・消臭・防菌効果があるとして様々な生活用品になっています。 実は私もチップを防虫剤として、さらにまな板を使っています。 まな板は本当におススメですよ。 その理由とヒバ用品の使い方情報です。
暮らしの器

食器にカビが生えたときの対処と予防法

湿気の多い季節になると、クローゼットや浴室の湿気対策に余念がない方も多いのでは? 意外と盲点なのが、食器棚。 気づいたらしばらく使っていない器にカビが! (実はこれは私自身の体験談。) 食器に発生したカビは洗っただけではダメです。 捨てる前にできるかぎりの対処を。 さらに予防法のご紹介です。
着物

大人女性の浴衣選び方 格のある本格浴衣とは

浴衣の季節、大人女性のみなさん10代や20代に買った可愛い浴衣今年も着るつもりですか? 30歳をこえたらそろそろ大人の浴衣を考えてみては。 大人になったら似合う浴衣があります。 浴衣が変われば、実は着ていける場所が変わります。 「格」があえば、夏着物として着られるものも。 大人女子のための浴衣の選び方。 参考になれば幸いで…
歌舞伎

シネマ歌舞伎であの感動をもう一度!玉三郎「鷺娘」

歌舞伎に限らず、舞台が大好きな私ですが、どんなに面白かった舞台でもそのDVDなどを買うことはほとんどありません。 生ならではの臨場感、場の空気も含めてその舞台の面白さと感じているので、それを二次元の映像で観ることはむしろタブー視していました。 ただ、そんな私がシネマ歌舞伎デビューしました。 どうしてももう一度観たいと願いつつ、再演が…
お祭り

浅草ほおずき市 一生分のご利益をいただく

今年もやってきました。 ほおずき市の。 ほおずきだけを売っているお祭り、何が楽しい? と思いますよね。 これは年間でとっても意味のある「縁日」なんですよ。 夜も遅くまでやっているので、会社帰りのデートにもおススメ。 ほおずき市の概要と楽しみ情報です。
着物

【女性浴衣】自分にあった浴衣の選び方とチェックポイント

いざ浴衣を買おうと思っても意外とデザインが多くて迷いますね。実は和服の選び方は洋服とは違うんです。できれば人に選んでもらったほうがいいんです。それは和服が洋服とは違う似合うポイントがあるため。参考にしてお気に入りの浴衣を購入してくださいね。