浴衣美人ワンランクアップさせるコツ

浴衣美人ワンランクアップさせるコツ

近年、レンタル着物や浴衣ブームで、観光地で着物や浴衣姿をよく見かけるようになりました。
浴衣は特に毎年着る方も少なくないと思います。

しかしなかなか着慣れないせいか、いつの間に着崩れたりなんとなくだらしなく見えてしまったり、、、。
心当たりある方も多いはず。

この夏、女性も男性もワンランク上の浴衣美人・浴衣イケメン?を目指してみませんか。

気にすべきポイントと対処法をまとめました。

スポンサーリンク

浴衣美人とは

そもそも浴衣美人・イケメンってどんな人を指すのでしょうか。

以下のような条件が揚げられます。

  • 着崩れなく浴衣をきれいに着ている
  • 姿勢が良い
  • 所作が優雅
  • 小物使い(メイクや髪型含む)まで気配りできている

和服はどの人もシルエットが同じになります。
よって着方や小物使い・姿勢などでその見え方に差がでます。

細かく見て行きましょう。

着姿

和服にはきれいに見えるポイントがあります。
それを考えず、無造作に着ていると恰好悪く見えてしまいます。

チェックポイントはこちら。

□ スマホに夢中になって猫背になっていませんか
□ 首がすっと上に伸びていますか(前に出ていませんか)
□ 上前(合わせで上になっている左見頃)がはだけていませんか
□ 女性は衣紋が適度にぬけていますか
□ 襟元はしっかり合わせてあり、浮いたり開いたりしていませんか
□ 衣紋を抜きすぎていませんか

浴衣は上半身で着るという方もいます。
猫背で首が前に出ていたりすると一気にダサくみえてしまいます。

普段より少し背伸びする感じで。
何より格好よく着る!という意識をもつだけで格段に見違えます。

仕草

何気ない普段の仕草が浴衣ではNGということも多いですね。
これらの仕草は浴衣の時はNGです。

□ 腕を出さない
□ 普段と変わらない歩き方
□ スマホを見ながら前かがみ

女性は特に二の腕だけでなく手首からひじにかけてもなるべく出さないほうが品よく見えます。

小物使い

浴衣を着るとき、なかなか小物まで気が回らないのかバッグも普段使いだったり、下駄でなくサンダルだったり、ちょっと残念が印象が拭えません。

バッグは浴衣の場合、できれば巾着やカゴ、またはちょっと軽めの手持ちバッグがおススメ。エナメルのバッグや肩掛けのバッグなどは取り急ぎ持ってきたという感じが出てしまいます。

大きなぶら下がりタイプのイヤリングやピアスも浴衣には合いません。
小さめのものを選んでください。

浴衣美人になるための対処法

浴衣美人・イケメンになるためのポイントを紹介してきました。
それではここから具体的な対処法です。

着つけのポイント

浴衣美人の大前提は浴衣の着方。
きれいに着ていればそれだけで格段に美しく見えます。

おっくうがらずに下着・補正をします。
普段のブラジャーを着用すると、帯に胸が載ってしまったり、襟がはだけてきて着崩れの原因になります。

男性は普段気にしないかもしれませんが、後ろ姿をチェックしてください。
下着が透けてしまっていること人をたまに見ます。
ステテコをはくか、透けにくい色の下着を選んでください。

女性は歩きやすいからと丈を短くせず、くるぶしが少し見える程度に合わせてください。
足袋を履く場合はもう少し長めにします。

衣紋は適度に。
首から握りこぶし1個くらいが目安です。
抜きすぎると品が悪く見えてしまいます。

女性はおはしょりもスッキリさせてください。
ここがもこもこしているとせっかくの浴衣姿もなんとなくもったりみえます。

着物や浴衣は前と後にしわを伸ばすことが基本です。
両脇にすべて流します。

最近はYouTubeなどの着付け動画を見ながら鏡を見て気つけるのか左前(合わせの右側が上になる状態)になっている方をよく見かけます。
これは絶対NG。

左が上です。
これだけは絶対間違えないようにしてくださいね。合わせ方は和服の場合は男女一緒です。

ヘアセットは浴衣を着る前にすると着崩れ防止になります。

スポンサーリンク

歩き方と立ち姿

普段と同じ立ち振る舞いはNG。

和服では何気ない仕草がグッと見栄えよくします。
ちょっとしたことです。

基本姿勢は背筋を伸ばしお腹をグッと引き上げる感じです。
そんなずっと力入れていられないと思うかもしれませんが帯が助けてくれます。
顎をひき、スマホをいじるときもあまり前のめりにならないよう視線を普段より少し高めに。

ちょっとお腹に意識を持つだけでスッと背筋が伸びます。

歩き方は普段の歩幅で歩くとどんどん裾がはだけてきます。
女性は少しつま先を内側に出すイメージで小股で。男性も少し普段より歩幅を狭くしてください。

女性は特に注意ですが、出した足はかかとから着地せずつま先から。
すり足気味に歩いてください。

頭が上下に振れないよう、平行移動するイメージです。

また、女性は腕が袖から出ないように腕を上げるときに注意してください。
腕を伸ばすとき、たもとをもう片方の手でおさえると優雅に見えます。
脇は基本的に締めます。

座るときは膝が開かないように。
両足のつま先をつけるようにすると可愛らしく見えます。

絶対足は組まないようにしてくださいね。
浴衣美人が台無しです。

これは男性も同じ。
足を組むと前がはだけてしまい、裾が広がってきてだらしなく見えてしまいます。

また、女性は座るときは両膝を揃えましょう。
見えないからと油断しがちですが、意外と膝が開いていることは分ってしまいます。

小物選び

足元は意外と浴衣の着姿に影響を及ぼします。

浴衣の時は下駄を履きましょう。
少しかかとがでるくらいが自分のサイズです。

室内に入る予定のある場合は足袋を履いたほうがマナー的にもベターです。

バッグは持ち手の短い手持ちのものを使います。
カゴや巾着でなくても大丈夫ですが、ショルダータイプは浴衣に合いません。

バッグが浴衣にあってないと、ちょっと付け焼刃的な印象に。
トータルコーディネートを考えて選んでください。

普段のキラキラネイルなども控えてなるべくナチュラルメイクで。
帯どめなど、浴衣ならではのアクセサリーで楽しんでください。

浴衣美人は結局着付け・コーディネート・仕草の三つ巴で成り立つもの。
可愛い浴衣を着たからと浴衣美人になるわけではありません。

浴衣を着た時くらい、普段の所作を見直し、思い切り恰好つけてふるまいませんか。

確実に周りの方と差が出ること間違いなし!

シーズンが終わったら来年のためにちゃんと手入れを。
毎年グレードアップしていってください。

浴衣を買い替える必要はありません。
何気な小物使いやメイク・ヘアスタイルで印象がガラリと変わります。

浴衣美人・浴衣イケメンは一日してならず。
季節限定なだけに短期決戦となりますが、がんばっていきましょう。

ぜひこちらもご参考ください。

浴衣の楽しみ方 着方できちんと感を出そう

大人女性の浴衣選び方 格のある本格浴衣とは

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました