暮らしの器

伝統工芸

秀衡塗とは 特徴と魅力

秀衡塗とは800年以上続く岩手県産地の漆器。絢爛豪華な漆ですが、その名の通り藤原の秀衡ゆかりの漆器です。一見ハレの日に使う器にみえますが、その形状から日常使いにおススメです。秀衡塗の特徴や魅力とは。お手入れについてもご参考ください。
伝統工芸

備前焼の魅力と特徴 | 暮らしの器

備前焼は日本でも特に古い陶器です。釉薬を使わないその風合いは渋いながら素朴で手にも馴染み、秀吉や利休など先人からずっと愛されてきました。高級な陶器のイメージの備前焼ですが、実はとても実用的。ぜひこれを機に使ってみてください。
暮らしの器

人気の琉球ガラスの魅力 | 暮らしの器

最近は沖縄土産として定番化しつつある「琉球ガラス」。 その琉球ガラスのルーツご存じでしょうか。度重なる戦争の被害を受けた沖縄ですが、モノづくりの歴史は途絶えることはありませんでした。人を魅了し続ける琉球ガラスとは?その魅力について。
暮らしの器

倉敷ガラスの魅力と特徴 | 暮らしの器

「倉敷ガラス」はたった二人の職人さんの手から生まれるガラスの称号です。その美しいガラスは触れれば壊れそうな繊細なものでなく、どこか温かみのある美しさ。コレクターも多いという倉敷ガラスの魅力についてのお話です。
伝統工芸

やちむんの特徴と魅力 人気アイテムは?

やちむんは昨今の民藝ブーム、さらにSNS映えもすることから人気が年々高まっています。歴史は古く、その間紆余曲折がありました。沖縄の風土が生みだした独特の陶器の魅力。今回はそんなやちむんの人気の理由を探ります。
伝統工芸

砥部焼の魅力と特徴 | 暮らしの器

砥部焼は愛媛県生産の日常に馴染む、厚みと丸みのある磁器です。シンプルながら愛らしく飽きのこない器は近年大人気。他の産地の磁器との違いとは?砥部焼の独特の魅力と歴史のご紹介です。合わせて東京で買えるお店情報も掲載。
暮らしの器

漆器の手入れ カビや欠けはどうする?

漆器の手入れは決して面倒なことはありません。特別なことは何もなく、固いものとの接触を避けるだけ。使えば使うほどツヤが出てくるので使って行くうちに愛着もわきます。また、万一ヒビや欠けができても本物の漆器であれば修理できます。 長~い付き合いのできて、使うほどに景色の変わる魅力的な漆器の手入れ法のご紹介です。
暮らしの器

汁椀の選び方 漆椀はこれがおススメ

漆の汁椀はお味噌汁だけでなく、意外と使用範囲が多いもの。一つ持っているととても重宝します。でも実際選ぶとなるとその種類の多さにも驚かせられます。漆椀の選び方のポイントのご紹介です。
暮らしの器

お茶に合わせて茶器を選ぶ

お茶の種類に合った茶器があるってご存知でしたか?茶葉に合った茶器を使うと、お茶の味がぐっと引き立ちます。そして意外と茶器の種類って多いんですよね。茶葉と茶器との相性、さらには茶器の選び方をご紹介。
伝統工芸

漆をもっと日常に 漆器の選び方と使い方

漆は使うほど楽しめる器なんです。育てる器と言われる漆器の選び方と使い方のご紹介。「高い」と嫌煙するのはもったいない!一生使える実はコスパ抜群なのです。ぜひおうちご飯を漆器で楽しんでください。