冬も快適!着物のおススメ防寒対策

年末年始、着物で初詣デートなんていうものいいですね。
でも着物って寒そう。。。

冬、ダウンコートを着込んでるいる人の中、
着物を着ている方がけっこう薄着に見えたりしますよね?

着物ってけっこう温かいんですが、それでも冬の防寒対策は必須です。

着物のおススメ防寒対策のご紹介です。

スポンサーリンク

着物の防寒対策はまずインナーから

着物の素材を選ぶ

大前提ですが、よくレンタル着物などに見られるポリエステルの着物より正絹の着物のほうが各段に温かいです
女性の方は思い当たる節があるかと思いますが、首にシルクのスカーフを巻いただけですごく温かく感じませんか?

絹は薄手ですが保温性に優れているので、袷の季節、絹が二枚重ねになっているため、とても温かいのです。
長襦袢も正絹のものだったらなおさら保温性は高くなります。

一枚仕立てで作られることも多いですが、ウールも冬はおススメです。

長襦袢の下はこれ

洋服も同じですが、インナーを見直せば上から何枚も重ねなくても暖かくなります

女性も男性も共通です。

  • ヒートテック
  • ステテコ
  • タイツ

この3点で、温かさは格別。

ひとつずつ見て行きましょう。

ヒートテック

ヒートテック

出典:UNIQLO

肌襦袢の代わりにヒートテックを着るだけです。
襟ぐりの広いモノを選べば、衿周りから見えることはありません。
(ちなみに画像のヒートテックなら大丈夫です。)
特に女性用着物は身八つ口があるので、そこの通気を防ぐことがポイントです。

袖は半袖がおススメ。
袖口からヒートテックの袖が見えるのはさすがにタブーです。

ステテコ

夏は汗対策に、冬は防寒になるので重宝するのがステテコ。
温かさを求めるなら、保温性のる素材がおススメです。

防寒用レギンスなどもいいかもしれません。
こちらも着物の裾から見えない丈のものを選んでください。
(階段を上がるときなど、着物の裾が上がってふくらはぎの下くらいまで見えますよ。)

タイツ

着物にタイツ?と思うかもしれませんが、専用タイツがでています。
女性用は足袋が履けるようにつま先が二股に分かれたベージュのストッキングタイプがあります。

男性用はくるぶしより少し上くらいまでの丈のものなど、最近はさまざまな防寒グッズが販売されています。

タイツの上にステテコを履く方も多いそうです。
少し歩きづらいかもしれませんが、寒さには勝てませんね。

スポンサーリンク

自分に合ったものを探してみてください。

おしゃれなアウターを選ぶ

女性なら道中着や道行などアウターも種類が豊富ですね。
その上にショールなどを羽織るとさらに温かくなります。

男性なら羽織りにマフラーくらいでもいいかもしれません。

着物はできるだけスマートに着こなしたいものです。
あまり野暮ったくならないようにしたいですよね。

道中着とは着物と同じく衿を重ねて着るもので、道行は衿が四角く、前でボタンなどでしめるタイプです。
昔は普段着用は道中着、正装には道行と分けていたそうですが、今は気にしなくていいようです。

丈は時代によって流行りがありますが、最近は少し長めが主流ですね。

【羽織り】
洋服でいえば、カーディガンのようなもので、室内でも着たままでOKです。
秋や春さきにはちょっと羽織ってというのもいいですが、さすがに前があいているので冬は寒いです。

羽織を着たいのであればその上にコートなどを着て出かけてください。
けっこう男性は冬でも羽織とマフラーのみという方もいらっしゃいますが。。。

女性の場合、昔は短めで最近は長めの丈が主流となっているようですが、好みのわかれるところ。
羽織りの丈があまり長いと野暮ったく見えるとおっしゃる方も少なくありません。

これは個人の好みで選んでいいと思います。

【コート・ポンチョ】
着物用もありますが、ポンチョタイプのウールコートなら着物でも洋服でもOK。
ポンチョタイプより着物用コートの袖もすっぽり包みこめるタイプの方が保温効果は高いようです。

ウール素材がほとんどなので、確かに道行や道中着よりは断然温かいです。

ポイントは3つの「首」

夏、身体を冷やすのも、冬、身体を温めるのも「首」がポイントと言うことを聞いたことありませんか?

そう、「首」「手首」「足首」の3つの首です。

ここをしっかり外気から守れば、薄手のものだろうと案外大丈夫だったりします。

着物は温かいのですが、どうしても首周りがあきます。
手首も通気がよくなっています。
足首もブーツでガードなどできないので、どうしても冷気にさらされます。

なので、この3つの首を徹底的に防寒してください。

首にはマフラーやショールを巻き、手袋はできれば長めのものを。
足袋は別珍など温かい素材のものを履き、できればタイツの着用をおススメします。
フリース素材や裏起毛などの足袋もあります。

着物にしっかり巻かれている身体の中心は温かいので、「首」をしっかり温めることがポイントです。

これで年末年始、着物でお出かけも恐くありません。
着物デートぜひ楽しんでください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました