手ぬぐいのボトルの包み方

手ぬぐいでボトルを包む

ちょっとした手土産に日本酒やワインなどを持って行くとき、お店の包装紙のまま持って行くのでなくちょっと手ぬぐいでラッピング。
一層気持ちも伝わるのでは。

不器用でも大丈夫。意外とカンタンに包めます。

手ぬぐい自体もプレゼントになるのできっと喜ばれますよ。

スポンサーリンク

手ぬぐいで日本酒などのボトルを包む

日本酒の720ml瓶を包むやり方の一例です。
基本はくるくると巻くだけ。

手ぬぐいを日本酒瓶を粋に巻く

1.手ぬぐいを縦に敷いて日本酒の瓶を寝かせて置き、下側をかぶせます。
手ぬぐいの上に瓶を置く

2.瓶に沿って巻いていきます。

3.底部は手ぬぐいを内側に。
底部は手ぬぐいを内側に巻き込む

4.口部のあまった手ぬぐいをねじっていきます。
手ぬぐいの上部をねじっていく

5.ねじった部分を瓶に巻き付け、くぐらせます。
ねじった部分をくぐらせて結ぶ

取っ手付手ぬぐいラッピング

結びをしっかりすればこのまま持てます。

スポンサーリンク

1.日本酒の720ml瓶なら手ぬぐいを縦にし、少し上に置きます。

2.両端を折り込み、上下をねじります。
両端を折り込み、上下をねじる

3.瓶のネック部分でしっかり上下両端をしばります。

取っ手をつくる

ラッピングペーパーのように手ぬぐいを使う

ポイントは瓶の底をピタッとさせることと、上部の処理。
なるべく手ぬぐいがボトルにぴったりとさせるように巻いてください。

1.手ぬぐいを平らの台に広げ、端にボトルを斜めに置き、くるくると巻いていきます。
手ぬぐいに斜めに置いて巻いていく

2.手ぬぐいが浮かないよう底部分をぴったりとさせ、ボトルを立たせます。
ボトルを立たせる

3.底部の手ぬぐいの余ったところをボトル口の方にひっぱりあげ、口部分の手ぬぐいを整え、ネック部分をリボンやワイヤーの飾りで絞ります。

ネック部を飾りで止める

リボンで結ぶ

720mlの瓶だと巻き方によっては少し瓶の側面が出てきてしまいます。
その場合は斜めに巻いていく方法をおススメします。

手ぬぐいは贈りものを包むのに適した麻の葉や亀甲、青海波右など縁起の良い文様の柄がおススメ。
市松模様などもいいですね。

> 使い方は無限!手ぬぐいの魅力と活用術
> 手ぬぐいの活用法ギフトラッピングにも

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました